長〜い煙突が目印のパイオニアミル 
  
旧・ラハイナ砂糖キビ工場

Pioneer Mill Co.は1860年に設立され ラハイナで砂糖を商業生産する最初の農園であり 
同社はハワイの最初の砂糖工場を建設しました。

139年の間パイオニア工場は西マウイの経済の柱でした。 ラハイナのほぼすべての住民が製粉所に関わっていました。

現在 この建物は マウイグロウンコーヒーカンパニーショップにて マウイのコーヒーを販売しています。
  
砂糖キビ列車=ラハイナ駅
  
砂糖キビ列車=カアナパリ駅
  
砂糖キビ列車=プウコリー駅

 
1935年には 10,000エーカー以上のサトウキビを栽培しました。 1960年代のピーク時に、毎年6万トンの砂糖を処理。
切り出されたサトウキビは 水駆動の水路と牛で駆動するカートによって畑からミルに輸送されました。
1880年代から 西マウイ山の斜面に沿って列車で数マイルの狭い鉄道を運んでいましたが
1953年までに、トラックが列車に取って代わりました。

 
パイオニア工場が1999年に操業を中止したときサトウキビ畑が休息し ラハイナ工場が崩壊した。
一度最後の建物が破壊され 工場所有者が象徴的な煙突を解体するように話し始めた時
ラハイナの島民はそれを歴史的ランドマークとして保存するために力を合わせました。

Lahaina Restoration Foundationが救助に来て600,000ドルの煙突修復プロジェクトの責任を引き受けました。
 
マウイ島の住民と元パイオニアミルの従業員は、資金の大半を拠出しました。
4カ月間の修復には 17本の炭素鋼張力バンド 煙道のブリーチング上のスチールドア 
外部コンクリートの修理 外部全体の防水コーティン
14フィートの高さのカーボンスチールクラウンの取り付けが含まれていました。

新しいクラウンが委託され2010年には 煙突は新しいキャップで戴冠されました。

 
煙突の周りには パイオニアン ミルの煙突を守るための協力個人・団体・企業名がレンガに刻まれています。



バックナンバーを読みたい方へ

Copyright (C) 2000 RikaChan.Maui. All Rights Reserved