Copyright (C) 2000 RikaChan.Maui. All Rights Reserved
マウイ島 ペトログリフ (オロワル) Petroglyph Olowal
中島家族が探検!> ラハイナへ行く途中=ホノアピラニハイウェイのマアラエア・ラハイナ間のほぼ中間地点
オロワルジェネラルストアーの端に車を止め 裏山へ向かって歩き出す!
探検出発前に 是非オロワルジェネラルストアーへお寄りください。>アンティック?素朴?古臭っ!な雰囲気がまた格別な癒しになりますよ!
ここの魚肉ソーセージホッとドック>お試しアレ!=特別美味いわけではない。>懐かしい田舎味にて 胃袋まで癒されちゃう。
ストアーのおばちゃんから「ここの裏から歩いて20分くらいだよ」と情報を仕入れて 裏側にまわる。
第2の目印=古い給水塔 ここから私有地のゲートを通り小高い山を目指して歩くこと15分。

=家族ハイキングには 調度良いコースですが 暑いので水の補給を忘れずに
ペトログリフの岩場は 一応整備されているので安心ですが 頭上注意!落石ありです。
本物のペトログリフの周りには あきらかに後から誰かが描いた偽ペトログリフが!・・・いたずら書きがひどい。
とても残念>マナーの低下は世界共通のようで・・・郡当局でなんかしら保護政策をとればいいのになぁ?と考えてしまいました。
子供2人の頭上に見える2体の人物画が本物のペトログリフです。その後ちょこっと調べたところ 描かれたのは数百年前 
山道を行く旅人によるものと考えられているようです。
同じ人間の絵でも胸の部分が大きく描かれているのは 権力者や戦士と言われています。
また線で結ばれている人物画は 親子や兄弟など関係の深い間柄と言われています。
ここで問題です。さて本物はどれでしょう?右から1〜3までは きっと多分本物でしょう。 しかし4と5番目の写真は怪しいです。特に5=KAHANAと書いてあり 完全なイタズラ書きですが りかちゃんマウイの娘=香花は 自分の名が書いてあると喜んでいたアホ-者です。(笑)
その後 ペトログリフ以外にオロワル周辺を探検し 弁当を広げ>楽しいピクニックとなりました。