マウイ島 オーシャン バッカ
砂糖キビから作られる オーガニック酒
ボトルは 海好きのオーナーのアイディアで 海に浮かぶアンティックな浮き玉!
飲んだ後の使い道が楽しい瓶です。

営業:9:30Am〜4Pm(祭日を除く)
工場見学・テースティング:$12
 21歳以上
ハワイ諸島の美しいマウイ島で 世界最高の手作りウォッカを生産することに情熱を注いでいます。とオーナーさん
敷地は 大変広く ショップと工場に分かれています。 ショップでは ウオッカは もちろんのこと このボトルの特徴を活かし キャンドルなどグッズが売られています。

この海の浮きからヒントを得て作ったボトル(特許権)+マウイのオーガニック砂糖キビ+質の良い水 コレがオーシャンウオッカの3大要素
工場見学は 15分ほどで最後にウオッカのテースティングが出来る。 ($12/1名 21歳以上  予約必要  ツアー時間9:30AM〜4PM)
PS:りかちゃんマウイでは アップカントリーツアーでは 通常ツアー内容に含まれていませんが  オーシャンウオッカに立ち寄る事も可能です。>お問合せ下さい。

この畳一畳分ぐらいの機械で砂糖キビを潰し ウオッカ制作の課程に入る。
一般的なウオッカの作り方
蒸留:エチルアルコールの製造は国家が管理する蒸留所で行われる。まず 
小麦またはライ麦を煮てフィルターにかけ イーストを加えてを作り連続式蒸留器にかける。
そこから得られる96パーセントの精留エチルアルコールがロシアウォッカの元となる。
エチルアルコールは国家規格により上から、リュクス、エクストラ、上精製の3つの等級に分けられる。
加水:蒸留所からエチルアルコールを買い付け アルコール度数が40度になるように水を使って薄める。使われる水は天然水や精製水など 様々である。
ろ過:ウォッカ製造の最も重要なプロセスとされる。伝統的で標準的な方法として白樺活性炭を使ってろ過するが
新品の木炭と回収木炭の使い分けや、木炭以外のろ材やろ過の回数など各社にノウハウがある。
仕上げ:仕上げのフィルターを通したのちにボトリングし 出荷される。

このボトル!飲んだ後の使い道 是非 お部屋のインテリアにどうぞ!>お土産用に手のひらサイズの小さいウオッカも売っています。

是非 オリジナルカクテル作ってみて下さい。 
*こちらをご希望の方は プライベートチャーター または アップカントリーツアーにてご要望をお伺いしますので お問い合わせ下さい。


アップカントリーマップ一覧





15%~25%OFF 

海・山・空・目的別マウイツアー




Copyright (C) 2000 RikaChan.Maui. All Rights Reserved