旧・プウネネ砂糖キビ工場
廃墟に住み着いている野良猫たち・・・




僕の名前は ボス! この廃墟に住む野良猫たち5.6匹を束ね守っているんだ!



廃墟の中は がら〜んとだだぴろいだけだよ
笑えるのは ニワトリ達とも一応仲良く共存している。



僕はボスなんだけど 一番小柄で痩せている。>多分 病気だよ・・・
他の猫たちは 案外ぽっちゃりして毛並みも良く元気。



誰も居ない廃墟は住むには安全だけど
餌がない。
時折親切な人間が来ては 餌を置いて行ってくれる。
ソレで どうにか食いつないでいるんだ。

僕たちの行き場は何処にもないからね!



野良達は 人間を避けている。
けして馴染もうとはせず いつも警戒している。
餌をあげに行くと 顔を見せ近付いてくるのは ボスだけ・・・
彼だって 恐る恐るであり 一度も撫ぜさせてくれたことはない。
けど
いなばチャオチュールには 目がない!
コレを上げる時に限り ここまで近寄ってくる。
ですが
廃屋に住む猫たちは 見つかれば保健所行き。
そんな事は 誰もが知っている。

だから 餌を置いたら 出来るだけ早く立ち去るのが彼らのため
ちっとも仲良しにはなれないけどね・・・


バックナンバーを読みたい方へ


Copyright (C) 2000 RikaChan.Maui. All Rights Reserved