マウイ島 イアオ渓谷州立公園
8月5日 2017年 再開!
Iao Valley State Park

今は もう時の流れと自然に埋め尽された美しいイアオ渓谷 
この地でKamehamehaの戦いがあったとは想像も出来ませんが

語りつがれているマウイの歴史をのぞいてみてください。

2017年8月イアオニードル山
    
駐車場下が三分の1削れましたが  歩道など整備され 綺麗になっていました。
緑は以前と何ら変わらず日差しは 強いけど木陰では 汗がすっと引くような 爽やかな空気が流れています。

    
一年余り 修復の期間 渓谷は 自然は 何を思っていたのでしょう。
人間に合わず 喜んでいたのか 
それとも誰も訪ねてくれず 淋しかったのか?


オープン日 ロコ達が川遊びに来ていました。
この光景が目に飛び込んで来た時
懐かしさが蘇り
川のせせらぎ 子供たちのはしゃぐ声
”イアオが戻った”と 率直に感じた。

 
 
2017年


    
2016年以前のイアオニードル山
ラハイナからの30号線とワイルクからの32号線が交わり320号線を10分ほど登りきれば 
もうこの景色イアオ渓谷(プウククイ山 標高1,765m)のハイキング コースの入り口です。
雨量が多い事でも知られている渓谷なのでお出かけは午前中をお勧めいたします。
7:00am〜7:00pm頃までゲートは開いています。
入園料車一台に付き$5
クカエモク(イアオ ニードル<針山)
標高671mの名前のとうりに針の様にとんがった山で誰か登った事あるのかな〜と 見上げてしまう。
プウ ククイ山はこのように断崖に囲まれた渓谷で200万年前に 西マウイが海底から顔を現した時に出来た楯状火山。
火山岩ばかりの渓谷をこのように美しく 変えてくれたのは 時間の流れと休む事のない自然 
貿易風をもたらす雨は  堆積物を洗い流してくれたおかげです。
イアオ渓谷での戦い
プウ ククイ山 イアオ渓谷では カメハメハ大王  カへキリ王の息子カラ二クプレとの戦いで知られている。
東マウイを戦略のために戦いを挑んだカメハメハ大王はカへキリ王が不在の事を知っていたのか確かではないが カフルイ湾から上陸し イアオ渓谷へとカへキリ王の兵士を追い詰めて行った。 
戦いよって双方に多数の死者を出しイアオ川がこれほど清らかな事をくつがえすかの様に水は真っ赤に血で染まり 死体によって川がせき止められたと今も伝説として伝えられている。
イアオ渓谷展望台
下の駐車場から歩いて5〜8分で展望台へと登れるので家族向けのハイキングには調度良い。
つり橋を渡ると 道は上(展望台)下(タロイモ畑/川沿い散策路)二つに分かれている。
下:20分ほどのコース=歴史を感じるケパニワイ川の流れとせせらぎを・・・・
カメラ好きな方は 是非! 下からのアングルにてつり橋とイアオ二イドルが入る絶好ポイントあります。
展望台からは 寄り近くイアオニードルが見える>記念撮影を忘れずにぃ
ケパニワイ公園
Kepaniwaiの意味は “水の流れをせき止める”イアオ渓谷での戦いから名づけられました。
公園内には マウイに移住した日本人、中国人、ポルトガル人その他の民族を記念する小さなモデルハウスと庭園がある。
ここは とても涼しい場所なのでお弁当を持ってピクニックをされるのもgood!
参考サイト

ここには ハワイ ネイチャーセンター(自然科学博物館 120万ドルをかけた設備)
開館時間:10:00am〜16:00 $6.00 $4.00/子供)
ギフト ショップには ローカルの手作りのお土産が並んでいる。

   






15%~25%OFF 

海・山・空・目的別マウイツアー



Copyright (C) 2000 RikaChan.Maui. All Rights Reserved