マウイ島 ククイプカヘイアウ
Kukuipuka Heiau
ボランティア


 月1のボランティア=ヘイアウの掃除へと行きました。が〜 キヘイ村はカンカン照りだったのにぃ 西側へ回ったら雨
ヘイアウに付いた時は 小雨で微妙な天候だった。 
9AM清掃開始のなんと10分前に 「本日雨のため延期」と メールが一斉配信された。
”あのね〜 あたしキヘイからなわけ〜8AMには 家を出るのよ〜’と ため息を漏らし ”しゃーねー帰るか・・・”と横を見たら 
ボランティアメンバーさんがカッパを来て 勇敢にも清掃する気ありありのいで立ち!>それを見たRも ”だよね〜ここまで来ておめおめと帰れるかっちゅーのぉ!”で 
「すみませ〜ん 雨具持ってきてないので ゴミ用のビニールとかありますか?」 なんと彼女は もう一つ余分にカッパを持っていた。
のだから 日頃の行いがモノを言うなぁ!と思った。
既に数名 中止メールを貰う前に来ていたボランティが 開かずの間>ヘイアウの入り口のゲートを開け ”Rはこの瞬間がたまらない。
何とも言えない誇らしい気持ちになる”
以前は階段だったのですが 今は コンクリートを引いて坂道=スロープになっているをあがり ヘイアウへ。。。
裸足になり 一礼をし自作のレイを捧げ挨拶と祈り=”家族が健康で進むべき道へお導き下さい。” 

皆 誰に言われるのでもなく 仕事を探し作業に取り掛かる。 
枯れた葉を取り払う者 枯れ葉を集める者  芝を駆る者 石積み=ヘイアウを直す者
1時間もしないうちに雨はあがり 日が照り出しカンカン照り超えの汗びっしょ!
Rは 地面に埋まっている岩の整備にあたりました。>コレまたRを夢中させる作業なのであります。 
岩の周りの雑草を取り除き 土を除け岩に日が当るよう 空と繋がるよう ちゃんと顔を出してあげるのです。
回りの土を掘った際 出て来た小石=コレもヘイアウの一部なので ヘイアウ内の釣り針=祈りの石に積み上げ また祈るのです。
「どうか家族が健康で ちょっとばかしお客さん増やしてください。」
完全にお願い事になっているのですが。。。(笑)
時折 持ち寄ったおやつを食べたりしながらも もくもくと作業に勤しみ
神聖な場所にて 土足厳禁!
裸足で作業をするので足の爪は 真っ黒=”よー働いた” 気になるのであります。
2〜3時間で清掃整備は 終了。



ヘイアウには 沢山のティーリーフが育っており 枯れた葉は 数回まとめ燃やします。=天に返し また この地に帰れるようにだそうです。
新鮮なティーリーフも切り出します。 これらは この葉を必要とされる事柄に寄付します。(セレモニー・葬式等)

清掃の後は 大変気持ち良く腹ペコです。> 自分へのお駄賃 ロコ食堂=テイスティーに寄り ランチ!
メニューは毎回同じ Sサイミン&バナナ練り込みパンケーキ1枚
友人を呼び出し一緒に食べるのですが この日ゴルフ「1時間待って!」 "待てるわけないじゃん"=一人で食べました。
Sサイミンと言っても しかと一人前の量があり 器がSなだけです。 パンケーキも1枚ですが>デカイ!2枚分はあるのでは。。。 
コレをなんら躊躇・遠慮なく ペロリと平げます。
そして感じるのです。”コレで今日もイイ人になれた’ 要するにボランティアは自己満なのです。が〜 
ヘイアウに立ち触れ=ロコの誇りは積み重なって行くかと存じます。
PS:ヘイアウは 一般開放されていない私有地です。
閉鎖されているゲートを超え侵入するのは違法であり 
ククイプカへの冒涜=神聖な清らかなものをけがすこと。
ツアー業者始め一般の方の侵入は 硬く禁じております。
参拝希望の方は お問合せ下さい。
ヘイアウを守るカフナ(神主)より 参拝許可を取り プライベートにてご案内申し上げます。




15%~25%OFF 

海・山・空・目的別マウイツアー



Copyright (C) 2000 RikaChan.Maui. All Rights Reserved