マウイ島 カハヌガーデン 国立熱帯植物公園
ピイラニ ハレ ヘイアウ

マウイ島で最大のヘイアウ ハワイ諸島で最も重要な遺跡の1つ
入園料:$10 12歳以下無料
月〜木曜日 9Am〜4Pm
 金・土曜日9Am〜2pm
ヘイアウとは:Pi'ilanihale Heiau( Hale O Pi ' Ilani Heiau )は マウイ島のハナの町の近くにある国立熱帯植物公園カハヌーガーデンにあります。
ヘイア (崇拝の場所)は マウイ島で最大のもので ハワイ諸島で最も重要な遺跡の1つです。
初期のハワイの神社は 家族や小規模なコミュニティによってシンプルで建設されました。
人口の増加と宗教の変化によって、社会組織はより複雑になり、公的な儀式のために大きなヘリアが建設された。
一般にアリー (首長)は ロノ (平和、農業、受精)ケイン (創造者と先祖の神) カナロア (海洋、治癒、一般的な福祉)の4大神を崇拝しました。
コモンズは個人の家族神社で個々の家族の神々を崇拝し大祭司の指示の下で4つの主要な神々を崇拝しました。

古代ハワイ人には  それぞれ独自の機能を持ち 社会の特定の部分によって使用され 多くの種類のヘイアウがありました。
Heiauは大きさが単一の直立した石から巨大で複雑な構造に及んでいました。 より大きいheiauはali'i (chief)によって建てられましたが 
最大で最も複雑なluakini heiau (sacrificial temple )は ali'i 'ai moku (島またはchiefdomのパラマウントチーフ)によってのみ建設され 捧げられました。
Luakini heiauは人間または動物の犠牲を伴う儀式のために予約され一般に戦争神Kuに捧げられました。
ルアキニ・ヘイアウで行われた儀式は 彼の民衆の生と死に対する彼の土地とその権威に対する
アリエイ・アイ・モーク の精神的、経済的、政治的、社会的支配を強調した。
Pi'ilanihale Heiauはポリネシアで最大のヘイアであり ハワイ諸島で最もよく保存されています。
大規模な構造は 13世紀の早い時期からいくつかの段階で建設されました。
ハナ湾の遠方から手で運ばれる玄武岩でできた広大な尾根に位置しています。
ヘアウアウは341フィートで415フィート 上部は50フィート上昇しています。 海に面した壁は複数の階段状のテラスでできています。
内部は8つの小さい壁、3つのエンクロージャー5つのプラットフォーム2つの直立した石30ピットで構成されています。
初期の人類学者は その大きさを考えるとPi'ilanihale Heiauは地区または王国に奉仕した州のルアキニヘイアウとして機能していると考えていた。
しかし今日いくつかの人類学者は ヘイアウが住居として使われたと理論化している( Pi'ilanihaleはPi'ilaniの家を意味する)。

ガーデでみつけた植物:砂糖キビ・O'hi'a' ai=オヒアアイ(洋ナシとリンゴの中間味!) 6月旬にてハナ周辺に自生している。

Pi'ilanihale Heiauは1974年まで カハヌー/ウワワ/松田/熊合家とハナ牧場のメンバーが
太平洋熱帯植物園(現在は全国熱帯植物園)へのヘアウアを含む61エーカーの土地を譲渡した。
土地と引き換えに 庭園は家庭を復元して世話し一般に知らせることに合意した。
庭師のスタッフとボランティアは ヘリアを完全に覆い壁を安定させた植物を清掃る作業を開始しました。
1998年には ビショップ博物館とハワイ州の考古学者のもとで、安定化プロジェクトを完了するための大きな努力が始まりました。
HanaのStonemasonsは伝統的な方法を使用してHeiauのテラス壁を再建し1999年にプロジェクトを完成させました。
 
ピイラニハレヘイアウを上から見た。 カハヌガーデンのトレイドマーク=パンの実(味はさほどなく カボチャとジャガイモの間の触感)







15%~25%OFF 

海・山・空・目的別マウイツアー




Copyright (C) 2000 RikaChan.Maui. All Rights Reserved