マウイ島 ククイプカ ヘイアウ Kukuipuka Heiau ククイプカとは:空高く明るい場所 
ヘイアウとは:「神聖な場所」昔のハワイアンが祈りを捧げた溶岩を積み上げた神殿。
そのまつり事は多種多様であり 豊漁・豊作・戦勝・天候・安産祈願・病の治療・ざんげ・駆け込み寺と様々に使われた。
古くは 1500年前とも言われ ハワイアンに取っては スピリチュアル(霊的)な場所でもあった。
現在形を留めいてるヘイアウはなく 史跡として保存されハワイの人々(カフナ)によって守られている。
此処を訪れる時 ハワイの歴史と共に受け継がれて来たスピリット(魂)を感じて欲しい。
あなたの心を清め五感にもたらすナチュラルなマウイヒーリングが体験出来る事でしょう。

ヘイアウとは:神殿=神の集会所
取材で訪れた際 カフナと呼ばれる女性(神に使える人)が ヘイアウの地を清めるセレモニーを行っていた。
カフナがおっしゃいました。「このヘイアウは、ドアウエイと示され、来る者に教えと、喜びを与えるのです。
Haa Haa(ハアハア=つつましく)の心を大切にPice of Love=ハワイアン スピリット(魂)を、世界の人々へ宇宙へ分け与えてください。
今日 あなた方が此処へそして出会えた事を感謝します。このメッセージを人々に是非伝えてあげてください。」 とお言葉を頂きました。
ポハク石 ヘイアウ 石釜 ペトログリフ
PS:此処に置かれている石はけして持ち帰らないで下さい。 石には魂が宿っていると言われています。

コンド・ホテル


海・山・空・目的別マウイツアー


Copyright (C) 2000 RikaChan.Maui. All Rights Reserved