2017年9月
マウイ暮らし奮闘!青い空・海があっても飯は食えない!意地と涙の真実+はちゃめちゃ大ボケRのコラム日記

日本時間毎週月曜日アップデート
文字が小さくて読みにくい方=左上:表示クリックー文字のサイズを最大にしてお読みください。 

9月17日 真剣に生きたい。
私は 言いたい。>ここに残したい。 人生のメモリーとして。。。
Rが真剣に向き合っているのは 仕事・武道・アート>この3つが生き甲斐。 大変で苦しくて疲れるけど それでも一緒に生きたい。
真剣に向き合えば 必ずや喜び・感動・感謝に出会え己の励みになっている。
その中の武道  ITFの道場に入門し14か月が過ぎようとしている。 まだ 青帯だけど 過去の経験と実力をかわれているかは 最中じゃないが
ガキンチョのクラスでは 先生の手伝いをし指導に回るようになったのです。が〜
まだ新人Rと思うガキは Rをおちょくっている。が 上級生徒達には 指導で見せるカタや技にてソレがわかる。ので おとなしくなった。
先週の月曜日 火をふくほど頭に来た事が・・・
新入り生徒12歳男子 まだ習いはじめ1か月ほど 初歩の初歩を教えねばならない。が このガキ 真っすぐ見定めてはいるが Rの言う事聞いているのか?
「股割りは 腰を低く!」 やろうとしない。 完全に無視である。
「君 聞いてるの?返事は!」 やはり 真っすぐだけ見てRの事を無視していた。 この日は それ以上彼に近づかなかった。
このように反抗的というかふてぶてしいガキも珍しい。>違う意味で 根性座っている。ので 一筋縄ではいかないと思われた。

腹が立つ自分が”大人げないよなぁ〜”と 思うけど こちらも指導にあたり それなりの勉強や工夫を考えあぐねている日々なのだから ちゃんと向き合ってもらいたい。
しばしこちらも無視=そっとしといたほうがいいかな・・・ どうせ何を言っても 今のあの子が聞くわけないし
素直に聞き入れるきっかけをどう作るか?なんだよね〜 心開く何かを見つけねば〜
”よし 最後にもう一度聞こう”次の稽古にて始まる前に彼と向き合い尋ねた。
 「先回 Rの言う事もきかない 返事もしない どうして?Rの教えが嫌ならば 君には一切 触れないから どうしてなのか教えて?」
 「僕は Mr・先生の言う事しか聞かない。」
”ほぅ〜なかなか言うじゃん”  感じた>上手くすれば こいつは伸びる。
 「あのね〜 Mr.先生の命令でR達は 君たちの指導にあたってるわけ 先生の意志です。それでも嫌なら君には一切触れない。けど 気が変わったら教えて!
ですがその時は 詫びも一緒じゃなければ 認めないわよ!>ソノ意味を よーく考えて決めてちょうだい。」

どうやら頭の回転が良く 速攻でぇ 「僕に教えて下さい。」と 答えた。
あれ?ってなもんで思ったより遥かにすんなり落ちてくれた。
こういう時感じてしまうんです。>良かったーなんだイイ子じゃん!って であればRも心を込めて厳しく指導するぞ!
嬉しくもあり感動でもあり活力となる。そして 毎回思うのです。 Rってガキ好き? いやいやとんでもないと首を振る。が〜
好きとかで表せられない>あのクソガキンチョ共なのでございます。

そしてこちらにも クソ生意気なガキがもう一人居て Rのなまりある英語を鼻で笑い茶化しふざける。>こういう事は 特に許せない。
「人の欠点や障害を笑ったりひやかすのは 最低でぇ おまえ見たいな奴は 人であってはならない。道場から出て行け!」
凄みを利かせ耳元でささやいた。 >顔色が変わった。
少し痛めつけ過ぎましたので ある蹴り技の練習がそこそこ形になり その一点を仕切りに褒めた。ら やるやるやり捲って来た。それでいい!

憎たらしいガキばかりじゃ〜ない。素直な可愛いガキンチョも居る。
新人君「今日は ストレッチを教えてくれてありがとう!」と 稽古後に わざわざ言いに来てくれた子がいた。
子供から貰える感動は 何よりも新鮮で美しいとすら感じられ 自分の稽古のエネルギーとなり夢中にしてくれる。

入門以来 毎回全員の履物を揃えている。(己に課した武道への礼儀) たまに枯れ葉などが入り口にたまり 掃き掃除もする。が〜
PTAで見ていた一人が 「コレは 私にやらせてください。貴女は 稽古に励んで下さい。」と なんとも腰低く声をかけてくれた。
素直に「お願いします。」と 頼んだ。 
母の教え:必ず貴女の行いを見ている人がいる。だから手をぬかずやり続けなさい。
ソレが実った時だった。 嬉しかった。

   武道とは 恩師を敬い命令は 忠実に実行・稽古に励み 1歩でも近づく努力を怠らない。
   体を鍛え心を磨く それこそが強い人だと私は教えられた。
   だから クソガキ達に真剣に向き合う事が己を磨く修行だと心得ます。>これまた嫌いじゃないんだよね〜〜v(^^;)

今週のマウイの顔 Part 98  マウイ風餡子の作り方


9月10日 Tシャツに乾杯!
クレイジーシャーツ ハワイで有名なTシャツ屋さんですよね!>買っちまった。事に驚いている自分。
よーくよく考えても RはTシャツを買ったと言えば ミニオンの確か$7(子供用)これが人生初のTシャツ買い。
マウイに住んでいて”はぁ〜ん?”と 思いますよね! だから自分自身驚いているのです。
Tシャツを持っていないわけじゃーありません。娘のお古数知れず お客様・親友からと貰い物も多く何一つ不自由はしておりません。が・・・笑えますよね! 
まして今回は $30という高級Tシャツを人生2回目で購入してしまいました。
ちなみにぃ>ゴム草履も買ったことがないマウイアンRです。これもまた 娘・お客様からのモノで十分
だいたい今年になって 洋服を買ったか? う〜ん1枚=$12を買った記憶一つだけ・・・
このありさまでこの安さなのです。Tシャツに$30をかけるのは 清水の舞台から飛び降りるようなものぉ
ですが なんとも可愛いそしてシブイ色使いがたまらなく気に入ったのと 
大きな要因は その買い物は 友人家族を連れて来たのが目的 しかも ショップアットザワイレア=高級以外ないモールなんだから
Rが一人来るわけもなく 知る由もなく おもむろに買うなどとはありえないのであります。
R「友情の印にお揃いで買っちゃう?」Y:「買っちゃお!」>ちょっと子供ポイかもしれませんが 我らのお年頃とて 
こういうはしゃぎ心は まだ残されてると申しますかあるのです。 
と 言うより愛おしい友人との再会そしてまた直ぐ別れ 良くても来年一年先でしか会えません。
このお年頃です>一年先の事などわからないのだから 今を!手を繋げる時!を大切にしたい。
心残りにならぬようなどと 心の片隅で思うのです。
前日は 彼らの借りた一軒家へ泊り込み飲み会!と言うより 話せども話が尽きずでした。
ワイレアの後 キヘイのアゼカ=源平(居酒屋)で夕食 焼酎1本 旦那と飲み倒してしまいました。
”ぎょへ〜〜〜”です。 ビールでさえ不味いと飲めなくなったRが焼酎は久しぶりせい?=酒の味がしなかった。
もちろん甘いジュースまぜませにて飲みましたが 酔いもしないぐらい平気だった。のだから これまたビックリ!
楽しい!嬉しい!って あっと言う間に過ぎてしまい 見送る時は 涙が込み上げて来た。




9月3日 常識より心
アメリカで生きて32年 既に日本で産まれ育った月日より長くなってしまった。 わりには〜 まったくアメリカンナイズされないしぃ まったくぽくないのよね!
あれまぁ!>”金髪”が生えたかと思えば 白髪だしぃ〜〜〜
振り返れば 色々とありましたが 未だUS慣れしない事が多々ありすぎる。 >育ちとは。。。 三つ子の魂とは。。。なのかわかりませんが〜
アメリカンのアンポンタン思考がRには なかなか理解できないのであります。

ですが ここで一つ>日本の常識は 世界の非常識。でもある事も一理踏まえお読みください。

小話その1.
車をぶつけられた。相手がツカツカと近づいて来たので謝るのかと思いきや!
恐れおののくどころかRに向かって文句を言っているのだ。
よく聞き取れなかったので ムキになって 「今 なんつった!>今一度 言ってみぃ〜」 昔取った杵柄とでも申しましょうか ヤンキーモード!
その凄みにぃ一括されたのか 相手は口ごもりつつもまだ モゴモゴと文句を言っているようだった。
”ありえね〜〜〜!”>まず 謝れよ!>もう我慢ならずヤンキー炸裂!
ありとあらゆる英語を捲し立て 証拠写真を撮り 保険屋に電話させ 一筆【私がやりました】と 書かせた。
警察を呼べば済む事なのですが 現場検証に時間がかかるため(ツアー中) 15分ほどでかたしてやった!
相手は 言われるがままだったのが不幸中の幸いだった。
言い忘れましたが〜状況:広い広い駐車場にRの車1台だけ! ソレめがけ見事ヒットさせたのだから びっくりおったまげ〜の事故である。
「何処に目つけとんじゃい!」と 言いたくなりますでしょ・・・

小話その2.
「いい加減 あなたも片付けたらどうなのぉ!」と 怒り心頭。
長きに渡り Rだけが掃除をしてきた。が〜
「私が何時 貴女に掃除を頼みましたか?」
”いや。。。 頼まれてはいないけど〜 共有の場なんだから普通やるでしょ・・・”
「自分勝手に掃除しておいて 文句言うなんて小門違いよ!」 
言葉を失った。開いた口がふさがらなかった。が〜
”そうか自分勝手なんだ” USってそういうことなんだ〜と 呆然と何かを理解した。

小話その3.
旅行代理店の仕事をしていると 時折お客様からSOSの電話が入る。
例えば 流しが詰まった。など。。。
以前は 速攻で行き処理していた。が〜
今は 管理会社に連絡を入れ コンドへの敷地に入らない。が基本
「それは あなたのすべき仕事ではない!」と ハッキリ言われたからだ。
何故?>お客様が困ってるのにぃ〜と 思うのがJP人
US人は 役割と分担がしかと決まっており まして 水道屋の仕事を取った。事になり兼ねず
ましてまして 違法侵入だとまで言われた。
JP人の親切心は 仇になるUS>あ〜恐ろしやぁ〜+もしRが修理中怪我でもしたら訴えらえる。>コレが大きな要因かも。。。
もちろんRはしませんよ〜〜〜そういう風には と申しますか そういう考えに行きつかないです。

小話その4.
数か月前 あばら骨を折った。 正確には折られた。
テコンドーのスパーリング中の事にて 武道に怪我はつきもの。の認識なので相手になんら言う事はなかった。
ただ 相手は一段さんで スパの際は 手加減と寸止めが基本である。 それにもかかわらず Rを蹴り倒したのだ。
その場は アドレナリンが出ていたのか痛みはさほどなく 家へ帰ってから動けなくなった。のでぇ 相手もRがケガをしたことを知らない。はずが〜
先週 彼女がなんとなーく話しかけてきて 「あの時は ごめんなさい。」と どうやらRがケガして欠席の間に誰からか聞いたようなのですが・・・
自分との葛藤があったのか 詫びるのが遅くなったみたい。Rとしては こうして謝ってくれた事が嬉しかった。
32年間 US暮らしをしているが ちゃんと謝ってもらったのは コレが初めての出来事!だからスゴイ感激した。

Rは 幼稚園でおはよう。さようなら。ありがとう。ごめんなさい。を習った。 
風習・文化は 違えどもこの4つは 世界どこでも一緒のはず!



今週のマウイの顔 Part 97 OK!>愛してるのサイン

Copyright (C) 2000 RikaChan.Maui. All Rights Reserved