June 2015
マウイ暮らし奮闘!青い空・海があっても飯は食えない!意地と涙の真実+はちゃめちゃ大ボケRのコラム日記

日本時間毎週月曜日アップデート
文字が小さくて読みにくい方=左上:表示クリックー文字のサイズを最大にしてお読みください。

6月28日 恒例の家族会議
おバカ者!と とうとう声を荒げた。
母Rは まったく化粧品に興味がない。よって 何でもよく 娘の使い古しのものを適当に使ってた。
2年前 Kがアイラインを買ってくれた。>それは 筆が太くとても使いやすかった。が〜とうとう出が悪く インクが空になり それでもと思い筆先を舐めては これでもかっ!のほど使っていた。
買い物へ行った際 「アレと同じの欲しい〜」と Kに探してもらったがなかった。 
それらしき商品を見せてくれたが 目の悪いRには やはりあの太さを逃せないので 「ロングスでさがしてみるよ」と・・・
娘は ソノ商品をあった所に戻さずその場の棚に投げつけた。
”おどろいたなんてもんじゃない!>我子がこのような事を平気でやっているのか?” 思わず怒鳴った。
「ソレ違うでしょ!ふざけた事するんじゃない!ちゃんと戻せ!」
彼女の言い訳は せっかく探したのにRにいらないと言われ チッ!と感じたからのようだ。

娘の運転で買い物へ行った。
マーケットの駐車場に入れようと目を付けたスポットに他の車にスッといれられた。>確かに頭にくる。が〜
娘の苛立ちは ドを超えた英語文句だった。
R「マミーの前でその言葉使いはやめなさい!」
K「マミーに言ってるわけじゃない!言えば気が済むだからいいでしょ!」と 食いかかる始末。
ちょっとしたことを注意すると ソノ倍 しかも逆キレ口調で文句を言ってくる。

母Rの英語は 大変乏しい。 ソレを知りながらも 英語でゴタクをベラベラ並べる。 理解しているか日本語で彼女に確認をする。
K「だ・か・ら〜 そうじゃなくてこう!何度言ったらわかるの」と 母Rを責める。Xほぼ毎回の会話にチラホラある。

細かく積み重なり 大爆発した母R!
「家族会議を始めます>今すぐソコにお座りなさい。」
1.言葉使い。特に親の手前では 気を使え。(この気遣いさえ出来ぬ奴が外で認められるわけがない!)
  Fワードを使いたいなら ソレを許しあえる友と使え! 
2.人としての最低源のマナーを守り 道徳心を持て!
3.能力無い者をあしらうような真似はするなぁ! (人の下に人を作るなぁ)

最後に一言>君 おかしいよ どうしちゃったわけ? >そのような人間に育てた覚えありません。
マミーの幸せや生きる気力は 君を誇りに思えるからです。 ソレを失ってしまうのであれば 
もう私の人生に置いて頑張ることは 何もありません。 おやすみ。。。

翌朝 Kは いつもより張りのある声で普通を装いつつRに機嫌を取っていた。
なりに反省したのだろう。>いつまで続くか。。。

娘が怖い!”おまえは USビッチになりさがったのかっ”と思えた。
親元を離れると こうにも変貌するのか? はたまた回りがそういう暮らしなのか?
頼むから心貧しい人間にだけは なってくれるなぁ!



6月21日 愚痴りマウイ
今年のマウイは 気温が低い。>6月は 1番暑いと言うのにぃ 一度もACを付けていない。 
キヘイN外れにKealia池があるのだが 毎年この時期に水が干上がり海水がカピカピになり粉が吹いている。はずが〜水がたっぷりある。のでぇ〜 
ボウフラが沸き蚊の大発生でございます。>毎晩安眠妨害され寝不足気味。。。
   
ケアリア池国立野生生物保護区
300エーカーほどある土地にバードウオッチング用の長い歩道が設けられている。 ”費用はどこから。。。税金?”
30種類ほどの野鳥 中には絶滅危惧種のサギ鳥も含まれているそうなぁ。。。
しかし 水が干上がる夏場に鳥など居ない。(飛んでいる鳥は別)
鳥もバカじゃない!>潮吹いた地に餌があるわけもなく 此処でうろうろしてたら日射病どころか焼き鳥になってしまう。
開閉は 6AM〜7PM 駐車場14台のみ ”歩道の長さ素晴らしさは 駐車台数に反比例しすぎぃ”
サギを御覧頂く為に詐欺にならぬようお伝え申し上げます。
夏場此処へ観光される方は 鳥ではなく 潮の結晶を御鑑賞下さいませ。今年の夏だけは 野鳥が見れるかも!。。。

Leoda's オロワルにある レオダス キッチン アンド パイ ショップ
先日 お客様の希望により立ち寄った。=ネット情報でとても美味しいパイだと評判らしぃ。。。
 >>> 
Rにもどうぞ!と言われ 無難なライムパイを選択 御馳走になりました。(TOGO)
夜 Kと二人で食べてみた。 >一口でもう御馳走様=濃厚すぎ/甘すぎ”やられた!”と思った。
USのケーキ類は とにかく甘い。しかも繊細さにかけるスイーツが多い。 Leoda’sのパイは 味はGOOD!なんだけど濃厚すぎて。。。
翌日 ライムパイの中身だけを鍋に入れ+ミルク+生クリーム+ライム+ゼラチンを足し 5個分にまで糖を薄め ブルー&ラズベリーを散らした。
ライムムースの出来上がり!>1個で5倍に増やす事が出来るパイは お得です。
PS:お客様は バナナパイを購入 やはり一口で腹一杯だったそうです。


6月7日 美味しい物の裏事情
娘が帰郷し 明るく騒がしく慌しい〜毎日です。Kは アルバイトに明け暮れ=自給がまた上がった!($13+Tip)から勢が出る。
”なんで夏・冬だけのアルバイターが帰る度自給が上るわけ?>よほどオーナーさんが良い人 または Kは使える奴なのか? それにしても待遇がよすぎぃ〜” 
どうやらKは この夏のバイト料でオレゴンで中古を買うようである。 彼女のパパが30万ほど援助をしてくれるそうなぁ・・・
ですが30万あたりの中古では 故障しやすく長い冬が訪れるオレゴンでは危険! 後20万ほどプラスして なりの車を買いたいようです。
それに保険やガソリン代だってばかにできない出費!>頑張って働いて頂きましょう。 
母Rは$の援助はしませんが ソノ分ヘソクリを叩き 夕食作りに力を入れております。 出来る限りヘルシー食を心がけ魚介・野菜を中心に拵えています。
しかも 賞味期限切れ明日物=50%割引に目を付け”腐る手前が美味いんだ!”と昔の人は言っていたもんね〜と 
スーパーでは 左右をなんとなく確認後 躊躇なく50%OFFシールの商品に手を伸ばし おもむろにカゴに入れる。 
レジでは そのシールが目立たぬよう他の商品で壁を作るようにゴソッと置く。
タイムスマーケットでは マグロの赤身はとても高い。けど〜ハラミ(中トロ)は 半額で売られている。 しかも雑魚扱いのコーナーに置かれてるのです。
コレもおもむろにカゴに入れた瞬間>調理への夢が広がる。 筋や胃袋が付いたままなので処理に手間がかかるが 胃袋に塩を振って素焼きにすると 歯ごたえありの食感がたまらない。
ハラミは筋にそって切り取れば刺身。筋をこそげばネギトロ/ポケになります。 
良く分からない魚の切り身を大根と昆布を合わせ薄味で煮 魚だけ取り出し改めて焼きを入れ 焼肉のたれをかける。 
煮物なんだけどステーキぽい臭いと味 見た目も満足できる一品は 半額なのだから嬉しすぎる。 
食材の余り物は ちじみ風や卵焼きに混ぜこみサンドイッチの具にしKの弁当にしてしまう。
こないだ>ひじきの煮物があまったのでパンケーキに混ぜ込んだ。ら〜 「和風味で美味しかったよ!」 ホッ・・・(^^l;)

ハムの端だけが売られている。丸や四角のハムとは もちろん値段が違う。
端を寄せ集めカツサンドを作った。>懐かしすぎて見つめていると Kが一口パクリ「美味しい〜」 
母R「この味ってマミーには 貧乏の味なんだ〜カツが買えない人はハムだったんだよ昔・・・ハムでさえリッチだったもん」
K「ハム買えない人は?」
母R「イチゴジャム/バターサンドじゃ!>あれ1つでは まったく腹が膨れなかったよ・・・」
K「マミーってそんなに貧乏だったの?」
母R「一応 ランチ代親から貰っていたけど そのランチを省いてもお金をとって置きたかったのぉ」
K「欲しいものがあったんだ〜」
母R「いや・・・喫茶部だったのでコーヒー代に回してたのよ」
K「Kissabuって?」
母R「学校帰りJazzカフェにより 1杯のコーヒーで数時間居座り くっちゃべり〜のぉタバコ吸い〜のぉ ヤンキーしてたわけ」
K「ダサッ」
母R「ソノださっがあの頃は ナウかったと言うかアレが青春だったんだよ〜」

娘は くだらなそうに顔をしかめつつ 口元はほころんでいた。
我家の美味しい時間


6月7日 Rの迷言
小話その1.
R:かれこれ25年も使ってるチン(電子レンジ) めちゃんこ安かったのに 今も現役で良く働いてるんだよ〜
  激安だったから手抜きUS製品 =タイマーが切れる時”チン”とも言わず”ブスッ”って 切れちゃうのよ〜 けど 慣れれば静かでいいよ〜
H:なぁー ソレって不良品じゃないのぉ?レンジ=チンと言われているぐらいなんだから 鳴らなかったら変だと普通思うでしょ。
R:えっ!>そっち

小話その2.
R:脳ある鷹は 爪を隠す。
Y:能でなく脳を使うところなんて りかねぇーぽくてユニークですね! 
ほんとにこっちだと思っていた。 せっかく腰に手をあて威張てみたものの 威張り腐るとは このことか・・・?

小話その3.
その2の恥をHに話した。
H:良かったじゃん! 勘違いのおかげでアホばれなくて。。。
R:いや〜 もうバレているって! 
  先日 テニス一家のお客さんが居て名前がよくわからず「つんく!フェラリー!チョコビッチ!にしきのあきら!」 (ことごとくはずした)
お客さん:爆笑!
どんなにでたらめでも通じてしまうこの世の中の賢い方々に感謝します。

R会話のパターンは 喉まで出かかっているのにぃ〜〜〜にて3つほどそれっぽい単語を並べる。
会話相手が予想して答える。 Rは「そうソレソレ」と なんの躊躇も恥じらいもなく会話を進める。
よって会話は クイズ式である。 最近のYちゃんは 2つ言うか言わないかで即座にドンピシャで言い当てる。>なかなかの切れ者のだと関心している。

小話その4.
R:現玉みたことないしぃ〜
H:現ナマです。
R:え〜だって10円玉って言うじゃん。 だから玉付くんじゃないのぉ?
H:ありえません。
”じゃーなんで お年玉って言うわけ〜・・・

小話その5.
H:US暮らしが長いからとて もう迷言多すぎて言い訳にならんぞ!
R:だよね! >だって初めから日本語しらないんだもん。
H:Rの迷言 日めくりカレンダーにしたら おもろいかも・・・
R:ハハハ。。。いくらなんでも365個もないって

ちなみにぃ Hにひどく気に入られた迷言は 『ゲゲゲの下駄郎』 
だってゲタを履いてるじゃん。>勘違いさせられたのは こっちじゃ!