2016年8月
マウイ暮らし奮闘!青い空・海があっても飯は食えない!意地と涙の真実+はちゃめちゃ大ボケRのコラム日記

日本時間毎週月曜日アップデート
文字が小さくて読みにくい方=左上:表示クリックー文字のサイズを最大にしてお読みください。

8月27日 1年間の下隅にモノ申す時が・・・ いざ!
昨年の7月より 現在のITFテコンドーに入門し 新規稽古に励みだした。
初日からR自身の仕事を見つけた。 それは 道場入り口の生徒・PTAの履物が乱雑に脱ぎすれられ 見るも恥ずかしい有様だった。ので揃え始めた。 
この一年それがどう変化したか?と 申しますと 幼児クラス:いまだRが全て揃えている。 
小中:ガキンチョクラス 多少自主的に揃える意識が芽生えている。
高・成人・段クラス:意識低い。
Rが毎回 毎度揃えている姿は 誰もが見ている。ソレを見て その気になるのを待って1年 >自主的に揃えるようになった20%>>そっ80%が未だ・・・
だいたいPTAでさえ ソレを見ていながら履物を揃える意識などありゃしないのだ。 これはUS文化にて履物を脱ぎ揃える風習がない。が〜
ここは道場=武道においては 皆 この程度の道徳は当たり前なのである。マナーも武道の一部 体を鍛えるだけでなく 志高い精神と道徳を身に付ける場所でもある。
ソレを重んじる生徒は かなり少ない。先生がソレを意識させていないのも残念すぎる。 進級試験の時 Rは張り紙をした。『靴を揃えて下さい。道場へ入るマナーです。』と 
その張り紙を見た先生は 「コレはイイ!」と言っていた。 わかっているという事です。 なのに精神修行に対する指導がほぼないのは何故?
USでは そこはあまり問わない。ことが多々ありすぎて>とても切ない。

ですが 最近先生自身に変化が出て来た。 幼児クラスにて「話をしていいのは 先生だけだ!」 「ここは 遊びじゃない!」 ETC・・・
今までこのような言葉を聞いたことがなかったので驚いた。
しらばく他のクラスも含め 先生の行動を見続けた。>やはりどのクラスにも 今までにない一本筋が通った気合を感じられた。
嬉しい!嬉しい!嬉しい!嬉しい!以外 なにものでもない思いにまたもや気合が入ってしまいました。
”よし ここらでいっちょやり始めるか” >「履物をそろえなさ〜い!道場へのマナーです。」と 声をかけるようにした。ら〜 >一発目=PTAだった。トホホ・・・
「履物を揃え 子供達に示してあげてください。」
睨みつけるような目を向けられた。
「道場へのマナーです。年齢は関係ありません。ですが 私はあなたより年上です。」

皆さん わかります? 何故 年齢をもって立場を逆にしようとしたのか
PTAの皆さん Rの事を ”この子幾つ?”と 思っている方が多く まさか自分より上だとは思っておらず
そのガキに指摘されたんでは 面白くないと感じる人がおられるのです。
正しい事が年齢によっては 見透かされたり剥奪される。>RのUS暮らしは この手の事が何時も付きまとっている人生です。
”正義は勝!のではなく 武道とは何ぞや!を分かって欲しい”だけを この1年下隅に揃えて来たのです。 そろそろ時期が来たと思い 言っちゃいました。
自分の年齢で人の上に立つつもりも 押さえつける気もない。が マナーや考えがスレている奴には 時にして目には目をの反撃も必要かと。。。

この手の事で 何度泣いて来た事か・・・
りかちゃんマウイを立ち上げた時 契約を結びたい社とのミーティングが持てた日の事です。
相手側のマネージャーがお見えになり 挨拶をした。ら〜 「社長は何処だ!」と・・・
Rは「私です。」と自分を指さした。ら〜”話にならん”と言わんばかりの態度で帰ってしまった。>見た目だけで判断されたのだ。
その後 企画書を送り理解され 再度お会いした時は 同じ人間だとは思えない親切な対応をしてくれた。
彼を恨んではいないが 悔しかった事は忘れない。
 
自分の見た目は変えられない。この悔しさを味わってるからこそ己が磨かれた事があるはず。
それを教え深めるのもまた武道の一部だと感じる。 だから Rは 履物を揃える。始めの心がけにこだわるのです。
’頼むから こんな簡単な事ちゃんとやってよ!”が 本音なんですけどね〜


今週のマウイの顔 Part 96 パイナップル日記 1年と数か月

8月20日 納得・・・

やっとお盆が過ぎ どうにか忙しい波を乗り越えたそうそうPCの調子が悪いは 夜用ラップトップまでおかしぃ〜
夜用と書くと なんやら怪しげなぁ 嫌らしぃ〜想像をされる方 >ソレは あなたがHなだけです。
仕事と遊びで分けていると申しますか ネットサーフや動画を見るのは ラップトップ。
仕事用は出来るだけ世間に触れさせず ウイルスから遠ざけ 嫁入り前の娘状態の扱いでおります。(笑)
知り合いがpcプログラマーにて ちょっと聞いてみた。ら〜 「みてあげるよ!」と 言ってくれたのでラップトップ修理は ランチサービス=カレーうどんで手打った。
もう古く何度か修理に出しても調子はあまりよくなかったラップちゃん
「働き過ぎで多分リタイヤしたいようだから 無理しないでぇ!」 「ハハハ・・・直らなければどうする?」
「速やかにあの世へ行かせてあげるわぁ・・・」 「君は 面白い表現するね〜カッカッカッ・・・」と 笑ったCおっちゃん。
仕事用のPCは 既にチェックしてもらった結果 PCは何処も悪くない。>モニターがあの世行のようである。 
せっかくM君から貰ったド・デカイモニター とうとう来る時が来たようなのですが 以前使っていたモニターに変更するのをまだ拒みつつ 薄れたモニターでピコピコしている。
デカイを味わってしまうと 使いかてが良いので 以前のSサイズに戻るのがおっくーになる。>一度贅を味わうと忘れられない。まさしくコレだ!
ここから二つに分かれる。 ”質素倹約するか?” はたまた ”その贅を野心に変えるか?”この分かれ道で味わった贅をエネルギーに変換出来るか・・・
ポジティブ過ぎる(大雑把)な考えだと ”よーし この際買い替えて気持ち新たに仕事頑張れば良いのだ!”と 捉えるか
使える物がまだある。まして以前使っていたモノなのだから馴染んでいるはず。と 自分に言い聞かせるか・・・
若い頃ならドンと行ってみよう!と元気があったが お年頃になるとどうも守りの体制+母やばーちゃんが言っていた言葉がやけに思い出されてならない。
そういう時は 自分を半分慰めているのだけれど 視点を変えて自分に問う。「理香さぁ〜今 一番何が欲しい?モニター新品とどっちが為になる?必要?嬉しい?」
だいたいこれを問うと気持ちが落ち着き ”買うのや〜めよっ!”となる。 
欲しい物を言い出したらキリがないのだけれど 1番欲しいのは 百姓になる畑が欲しい。(最後に望む活き方) >あのね〜次元や価値がまったく違うじゃない!とて
コレを問えば たいていの事は諦められる。が〜 時折不安にも駆られる。>畑買えず死んじゃう率の方が多くない?という現実にぃ・・・
Rはこの年になっても 夢と現実がわけられない? えっ?ん?・・・ それでも>違う意味で活きてるよなぁ〜と 変な納得感だけは 得られる。
そんな事を模索しつつ 仕事に向かいたいのだけれど どうもしっくりこない。 モニターのせいじゃない。 背筋に何かを感じるのであります。
RがPCに向かうと 背がリビング・ダイニングとなり 知り合いのCおっちゃんはRの背に居る。 見てるわけじゃーないのにぃ モサモサしてしまう。
なので 彼の修理中仕事が手に付かないのであります。
”あ〜とうとう ここまで来たかっ・・・どこまで男性免疫が乏しいのだ!”つくづく変な納得感を得た日曜日だった。
このままでは 男と手を繋ぐってどういう事?その意味さえ 見失いそうである。

今週のマウイの顔 Part 95 ラハイナ フロントストリート


8月13日 ククイプカヘイアウ

世界中マウイ以外は 夏休みとあり 先週は 忙しく立て込んでおりました。 ですが〜 来週ともなれば その波は去り また平穏無事すぎる暇がRをオタクに戻すことでしょう。
そんな最中 昨日8:45AMには ククイプカヘイアウへ・・・ 月1のボランティア=ヘイアウの掃除へと行きました。が〜 キヘイ村はカンカン照りだったのにぃ 西側へ回ったら雨
ヘイアウに付いた時は 小雨で微妙な天候だった。 9AM清掃開始のなんと10分前に 「本日雨のため延期」と メールが一斉配信された。
”あのね〜 あたしキヘイからなわけ〜8AMには 家を出るのよ〜’と ため息を漏らし ”しゃーねー帰るか・・・”と横を見たら 
ボランティアメンバーさんがカッパを来て 勇敢にも清掃する気ありありのいで立ち!>それを見たRも ”だよね〜ここまで来ておめおめと帰れるかっちゅーのぉ!”で 
「すみませ〜ん 雨具持ってきてないので ゴミ用のビニールとかあります?」 なんと彼女は もう一つ余分にカッパを持っていた。のだから 日頃の行いがモノを言うなぁ!と思った。
既に数名 中止メールを貰う前に来ていたボランティが 開かずの間>ヘイアウの入り口のゲートを開け ”Rはこの瞬間がたまらない。何とも言えない誇らしい気持ちになる”
以前は階段だったのですが 今は コンクリートを引いて坂道=スロープになっているをあがり ヘイアウへ。。。
裸足になり 一礼をし自作のレイを捧げ挨拶と祈り=”家族が健康で進むべき道へお導き下さい。” 
皆 誰に言われるのでもなく 仕事を探し作業に取り掛かる。 枯れた葉を取り払う者 枯れ葉を集める者  芝を駆る者 石積み=ヘイアウを直す者
1時間もしないうちに雨はあがり 日が照り出しカンカン照り超えの汗びっしょ!
Rは 地面に埋まっている岩の整備にあたりました。>コレまたRを夢中させる作業なのであります。 
岩の周りの雑草を取り除き 土を除け岩が日に当るよう空と繋がるよう ちゃんと顔を出してあげるのです。
回りの土を掘った際 出て来た小石=コレもヘイアウの一部なので ヘイアウ内の釣り針=祈りの石に積み上げ また祈るのです。「どうか家族が健康で ちょっとばかしお客さん増やしてください。」
完全にお願い事になっているのですが。。。(笑)
時折 持ち寄ったおやつを食べたりしながらも もくもくと作業に勤しみ 裸足だけあり足の爪は 真っ黒=”よー働いた” 気になるのであります。
2〜3時間で清掃整備は 終了します。
ヘイアウには 沢山のティーリーフが育っており 枯れた葉は 数回まとめ燃やします。=天に返し また この地に帰れるようにだそうです。
新鮮なティーリーフも切り出します。 これらは この葉を必要とされる事柄に寄付します。(セレモニー・葬式等)
清掃の後は 大変気持ちも良いし 腹ペコになります。> 自分へのお駄賃 ロコ食堂=テイスティーに寄り ランチ!=メニューは毎回同じ Sサイミン&バナナ練り込みパンケーキ1枚
友人を呼び出し一緒に食べるのですが この日ゴルフ「1時間待って!」>待てるわけないじゃん=一人で食べました。
Sサイミンと言っても しかと一人前の量があり 器がSなだけです。 パンケーキも1枚ですが>デカイ!2枚はあるのでは。。。 コレをなんら躊躇・問題なく ペロリと平げます。
そして感じるのです。”コレで今日もイイ人になれた’ 要するにボランティアは自己満なのです。が〜 ヘイアウに立ち触れ=ロコの誇りは積み重なって行くかと存じます。



最新情報:ククイプカヘイアウ 保護活動

今週のマウイの顔 Part 94 紅い葉っぱ

コラムTOP  
Copyright (C) 2000 RikaChan.Maui. All Rights Reserved