2016年
マウイ暮らし奮闘!青い空・海があっても飯は食えない!意地と涙の真実+はちゃめちゃ大ボケRのコラム日記

日本時間毎週月曜日アップデート
文字が小さくて読みにくい方=左上:表示クリックー文字のサイズを最大にしてお読みください。
 
1月24日 蛇口Get!
正月ボケ・初夢ボケ・自己満ボケもそろそろ正気に戻し現実を直視せねば。。。とて
円安だ!テロだ!デング熱だ!(ハワイ島)と騒がれ なんだかマウイへのJPモードは 落ち込み気味感ジワジワあるのよね。。。
こればかりは Rがどう踏ん張ったところでどうにもならない旅行業界でございます。
不景気になれば 一番最初に財布しめられちゃうのって贅沢とされる旅行ですから。。。
けど ふてぶてしく寝れてしまうRは ”ソノお年頃なんだなぁ〜>心底寛大になったもんだ!”は〜 心臓に毛が生えてる所の騒ぎでなく
完全にBB開き直り?に値するかもしれない。
若かれし頃なんぞ>神経は過敏で どうしようと直ぐ頭をかかえたものでした。が〜 今じゃ〜なるようになれ!と腹をくくっている。
これは 一概に性格=あっけらか〜んだけでは 済まされない人生のなんたらと言うそういうものが備わったようです。
ソノなんたらとは何ぞや?と考えてみても わかりましぇ〜ん。(爆)
とにかく何がなんでも寝れてしまう。>大変幸せな奴であることは確かです。 
12月末 ラナイ島のゴルフ依頼が来た。ので ゴルフ場に状況や内容・料金を改めて確認し 予約は日程40日内からと念を押された。
ソノ40日内となりティータイムを取ろうと電話。。。
「2月いっぴから宿泊者のみのプレーですので御予約できません。」と びしゃ!と言われた。
”ふざけんなぁ〜 フォーシーズン工事やらなんやらしてるからだ・か・ら〜ちゃんとインフォ聞いたのにぃ!
一番大事な予約条件を言ってないだろが!” それら文句を言っては あちこちに電話を回され
「支配人と話したい!」 留守電X3回 ”一体こいつは 仕事しているのだろうか?・・・”
また電話をかけた。オペレーターに速攻で 「毎日電話をしてるが一度も支配人と話せていない。彼を捕まえてくれ!」
どうにか彼から電話がかかり 「どうしてくれるねん!」と怒鳴りたい所を押さえ この時とばかりにアニメ声が上手なRは 可愛らしい少女の声で”お願い!”を連発。
無事事なき終え 今回は あちらの説明不足だったのでゴルフ提供をすると予約を取ってもらえた。ふぅ〜・・・
これだけでも数年分の白髪が増える思いなのだが ソレはこの一瞬 ここにたどり着くまで数日間 ちゃんとご飯を食べしかと寝れていた。
けど これで予約が取れなかったらと思うと背筋が凍ります。
眠りが深いとくよくよしないので> どうにかなる!ならねなら泣かせてみようホトトギス根性が爆発する。
この爆発は 自分でもかなり恐ろしいので見たくない。>そこまで怒らせないでくれ〜と願っております。
大体 マウイアンのいい加減さには ほとほと呆れており その呆れを何度となく経験しとうとう神経のびきっちゃったような気もする。
そういうRもそのおかげさまを持ちまして 人並みの気の長さになったかも・・・ こういうのを持ちつ持たれつ!いや違うだろ〜〜〜
年々穏やかな気持ちになっているのは やはりソノお年頃ってことかしら・・・
話し変わり >夢も目標も努力も頑張りも持たないと決めちゃったRの余生ですが 楽しみだけは別物にて
楽しく暮らせるならなんでもやっちゃう!ので 取りあえず目先に捕らわれ 欲しい物リストを作ってみた。
これには ルールがあり 今月の売り上げ次第にて 最低ラインを超えた上での%支給
まず欲しいのは キッチンの蛇口。 しょぼいでしょうけど現在蛇口がない!>自作の蛇口もどきで炊事をしています。
まったく不便は感じませんが かれこれ1年は経過 ”そろそろ本物がほしぃ〜”と 思えて来た。
さて 今月GET出来るか?もしくは来月か〜? >蛇口も案外いい値段するんですよね〜>$160

 


1月17日 微笑のお年頃・・・
娘が帰った。 実家に帰りオレゴンに帰るとも言うのか〜?>なんだかなぁ〜・・・
荷造りには 年末のお客様からアレコレ頂戴した大事な日本食を 身を切る思いにてkのカバンに詰めてやった。
”あ〜なんて優しいおかーさんなんだろう”と 聞こえるように独り言。。。
ソレを横耳で聞いてた娘がふくみ笑いで「マミーが食べなよ!と 言ったら取り出す?」
「しなよ・・・」
「でしょ!>それがおかーさんなんですね〜>御母上様!」
「茶化してるんじゃね〜>親心と言うもんじゃ!」
「分かってるって!」
”ったく!”
Kが帰り1名+2匹の何時もの暮らしに戻った。文句言うものがいない穏やかな時間が流れております。
ちょっぴり 正月明けの急がしも重なり 寂しさなど何処にもないのですが やはり別れ際=空港では泣。
結局この4年間別れに慣れる事無く涙したのでした。
4ヵ月後には また会える=待ちに待った卒業式なので 目の前に大好物をぶら下げられている状況にて
5月までは ハッスルハッスルで仕事に勢が出ることでしょう。

娘への押し売りメッセージ


Rの大好きな言葉です。 この言葉をずーっと心に秘め生きて来た。
今50となり心から微笑みがこぼれます。
たった一つだけだけど 成し遂げた信念は R人生のゴールドメダルだと思えています。
ですが この言葉を改めさせてもらえるならば 私の微笑みは 娘からの贈り物。なんて ちょっと考えちゃったりした。が〜
やっぱやめた!>この微笑みは 1にも10にもRが乗り越えた試練の賜物じゃ〜〜〜!
娘よ! 目玉かっぽじって母の生き様を焼き付けておいてくれ〜〜〜〜。


1月10日 娘への押し売りメッセージ


1月3日 お正月をかもし出してみた。
明けましておめでとうございます。
我家は また!>正月モードを手抜き黒板から始めました。
かが”ミニ”餅を作り飾ったのにぃ〜 猫のキヘイさんに食われてしまった。
相変わらず娘は 部屋にこもり卒論に苦戦している。
だ・か・ら〜なんちゃって御節を制作 お重箱になんでもかんでも詰めるだけで なりにソレらしく見えちゃう!
実の所こうしておけば 娘が何時でも食える。わけでございます。箱が空くごとに作り詰め 母Rもかなり楽チンで〜す。
生物=刺身等 暖かいマウイではXなのでぇ ちょっと物足りないですが ソレは寿司屋で まして御客様の招待にてゴチ!
なのだから我家は 運に恵まれております。
それにしても 田舎モノ丸出し 御節まで茶色い料理だらけだ〜〜〜。
今回サイコ〜に美味しかったのは>肉ジャガ=豚足を焚いたので その肉とだしを再利用+昆布+にぼしにて 
とにかく美味い!>おいしすぎてごめんなさ〜いの一品でした。

クリスマスに作ったイチゴ大福は ガキンチョ達に大好評!>餡子に抵抗は ないようだ・・・
  
  
  
三が日が過ぎれば 御節もかたづけるのでしょうけど 我家は 当分コレで楽しみ楽チンするつもりで〜す。
2016年 元旦そうそう 母Rの目標は達成されました。
娘を産み育て22年 たった一つ掲げた信念>この子を大学に入れる。=卒業
大学に入れば良いと言う問題ではなく 彼女の能力・夢・希望が ソレに向っていたからです。
まして母Rは おたんこなすなので 尚更その思いは強かった。>もしアホならば 汗水流し働け!だけのこと・・・
彼女は 奨学金を頂戴しましたが その付属の支払いは はっきり言って母Rの能力を超え 人生をかけるしかなかった。
ソノ決断のもと 改めて信念を刻んだ。=大学4年間 Rが生きるのは 娘の卒業を見届けるためだけに使う。
どうにかやりくりをし 最後の費用を払い込んだ。”コレで終わり” 胸が熱くなり泣いた。>果したんだ。やり終えたんだと。。。
卒業は5月とまだ先なのですが ”出すもの出したんだからこっちのもの!”的な 感動に包まれております。
元旦の朝 一輪の朝顔が咲きました。 ソノ花に向かい
「私は 人生初めてひとつの事を成し終える事が出来 やっと大人になれた?>大人になるのに50年もかかっちゃったわぁ〜」って
もうババーじゃん。
娘への押し売りメッセージ
卒論にもがき苦しみ徹夜ばかりのK ”かける言葉がみつからない” なりに悩み>母Rのど根性モードで 2016年初メッセージをコレにしてみた。

心の底から胸を撫で下ろしました。 Kの入学当初=生物解剖学にて法医学者を目指していた。(検死官)
そんな子に育てた覚えはない!と言い続け4年 「命を助ける方がいい?」と 言い出したのは 2年の終わり頃
「もちろんでしょ!命を救う仕事は大変尊いありがたい事です。神様でさえ出来ない事だよ ソレやっちゃうんだよ〜」の脅しと暗示をかけてきた。
その甲斐あって 「命を救う仕事をしたい!>手術専門医になろーかなぁ・・・」
「うんうん それがいい〜それが世のため人のため〜なんだけど>人体切るのは やめられないわけ?」
娘が言い切りました。
「だって私 マミーの子だよ!>器用なんだから 実践だったら絶対他のDr。に負けない。」
だそうです。
一言:料理や手芸とは まるっきり別物だとわかってるのだろうか・・・?

Copyright (C) 2000 RikaChan.Maui. All Rights Reserved